仮定法の簡単なまとめ

英語の仮定法の簡単なまとめを紹介します。

勉強していてもつい忘れてしまうことがありますよね・・・。

仮定法は、基本的に(1)「仮定法過去」(2)「仮定法過去完了」(3)「仮定法未来」の3つがあります。

「仮定法過去」は、現在の事実と反対のことを述べるときに用いられます。

「仮定法過去完了」は、過去の事実と反対のことを述べるときに用いられます。

「仮定法未来」は、未来に起こらないことを述べるときに用いられます。

  • 仮定法過去=現在の事実と反対のことを述べる
  • 仮定法過去完了=過去の事実と反対のことを述べる
  • 仮定法未来=未来に起こらないことを述べる
スポンサーリンク

仮定法の公式

基本的な仮定法の公式は以下です。

1.「仮定法過去(現在の事実と反対のこと)」

If 主語 動詞の過去形主語  would/should/could/might 動詞の原形

例:If I had money, I would buy a new computer.
もし(現在)お金があれば、新しいコンピュータを買うのだが。

2.「仮定法過去完了(過去の事実と反対のこと)」

If 主語 had 過去分詞主語 would/should/could/might have 過去分詞

例:If I had had money, I would have buy a new computer.
もし(過去に)お金があれば、新しいコンピュータを買えたのだが。

3.「仮定法未来(未来に起こらないこと)」

If 主語 were to/should/would 動詞の原形主語 would/should/could/might 動詞の原形

例:If I were to win the lottery, I would buy a new computer.
もし宝くじがあたったら、新しいコンピュータを買うだろう。

仮定法は「be動詞」が「were」

また、仮定法では、be動詞が常に「was」ではなく「were」になるのが注意です。

例:If I were rich, I would buy a new computer. もし私が金持ちなら、新しいコンピュータを買うのに。

おすすめ英語教材
スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

リクルートが運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」の『TOEIC(R)対策コース』です。

スマホ・PCでTOEIC(R)対策すべてを完結できるので、机に向かうのが苦手な人、ついついスマホを見てしまう人にもおすすめです。最短1回3分からスキマ時間で本格TOEIC(R)対策を、楽しく無理なく気軽に続けられます。

内容は、中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策まで対応しています。初級者から900点以上を狙う上級者の人まで、幅広く利用できます。

TOEIC(R)テスト完全攻略700点コース

「精聴・精読」「速聴・速読」のトレーニングを繰り返し、テストという限られた時間内に英語を確実に理解し、正解を導く力を身に付けます。

リスニングのパート3や4(会話とトーク)、リーディングのパート7(長文読解)について悩みを抱えている方は少なくありません。これを克服するために本コースで取り組むのが、「静聴・速聴」「精読・速読」です。この学習プロセスを通じて、英語を確実に捉える力を養っていきます。各パートの攻略法や学習のヒントも教材全体に散りばめられています。4カ月後には限られた時間内にすばやく解答する力はもちろん、テストの解法テクニックも身につきます。

英文法
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

イラストで覚える英単語