仮定法の簡単なまとめ

英語の仮定法の簡単なまとめを紹介します。

勉強していてもつい忘れてしまうことがありますよね・・・。

仮定法は、基本的に(1)「仮定法過去」(2)「仮定法過去完了」(3)「仮定法未来」の3つがあります。

「仮定法過去」は、現在の事実と反対のことを述べるときに用いられます。

「仮定法過去完了」は、過去の事実と反対のことを述べるときに用いられます。

「仮定法未来」は、未来に起こらないことを述べるときに用いられます。

  • 仮定法過去=現在の事実と反対のことを述べる
  • 仮定法過去完了=過去の事実と反対のことを述べる
  • 仮定法未来=未来に起こらないことを述べる
スポンサーリンク

仮定法の公式

基本的な仮定法の公式は以下です。

1.「仮定法過去(現在の事実と反対のこと)」

If 主語 動詞の過去形主語  would/should/could/might 動詞の原形

例:If I had money, I would buy a new computer.
もし(現在)お金があれば、新しいコンピュータを買うのだが。

2.「仮定法過去完了(過去の事実と反対のこと)」

If 主語 had 過去分詞主語 would/should/could/might have 過去分詞

例:If I had had money, I would have buy a new computer.
もし(過去に)お金があれば、新しいコンピュータを買えたのだが。

3.「仮定法未来(未来に起こらないこと)」

If 主語 were to/should/would 動詞の原形主語 would/should/could/might 動詞の原形

例:If I were to win the lottery, I would buy a new computer.
もし宝くじがあたったら、新しいコンピュータを買うだろう。

仮定法は「be動詞」が「were」

また、仮定法では、be動詞が常に「was」ではなく「were」になるのが注意です。

例:If I were rich, I would buy a new computer. もし私が金持ちなら、新しいコンピュータを買うのに。

TOEICの最重要単語を一気に覚えたい人におすすめの講座
でる単TOEIC(R)テスト これだけ!

TOEIC450~650点レベルの方のスコアアップに最も効く630語を、TOEICのエキスパート、小石裕子先生がパート別に厳選。

さらに、実際の企業研修で用いられる単語トレーニングを自宅で実現できる「でる単5ステップ」を開発、自分の弱点パートを短期間で攻略したい方におすすめです。

特長は、①各パートの頻出単語を効率よく覚えられる、②あの手この手で単語が刷り込まれる、③4カ国語(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアのネイティブスピーカー)の発音に慣れることができる、 ④文法用語や、語法問題の攻略法も学べます。

スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

スマホ・PCでTOEIC(R)対策の勉強ができます。

TOEIC(R)テスト20回分相当の実戦形式問題・解説を収録しており、中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策まで対応しています。

また、解説動画が140本も見られるので、動画を見ながら勉強ができます。机に向かって勉強するのが苦手という人にもおすすめです。

全ての機能が7日間無料でお試し可能です。

英文法
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

イラストで覚える英単語
error:Content is protected !!