強調でNeverなどの否定の副詞が文頭にくると、助動詞+主語の順番になる

強調で否定の副詞(never、seldom、little、hardlyなど)が文頭に来ると、助動詞+主語+動詞の順番になります。倒置が起こるのです。

普通の文とは語順が変わります。その点に注意が必要です。

否定の副詞 助動詞 主語 動詞

<例>

I have never been to France.(普通の文)

Never have I been to France.

フランスになんて一度も行ったことないです。

スポンサーリンク

「Seldomの例」

She seldom goes out.(普通の文)

Seldom does she go out.

彼女はめったに外出しない。

「littleの例」

She talks little about her family.(普通の文)

Little does She talk about her family.

彼女は家族についてほとんど話さない。

「hardlyの例」

She hardly listens to the radio.(普通の文)

Hardly does She listen to the radio.

彼女はラジオをほとんど聞かない。

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

【PR】英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

TOEICもビジネス英会話も、そして受験リスニング対策も全部これ1つでOK!
人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスンはビジネスにもプライベートにも使える英語が満載!

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

英文法
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

イラストで覚える英単語