shouldには「~なんて!」という意味がある?「意外」や「驚き」を表す形容詞で用いられるshould

shouldには、「~なんて!」という、「驚き」や「意外」を表す意味があります。

多くの人は「should」を「~すべき」という意味で覚えていると思うので、これは意外に思えるかもしれません。

スポンサーリンク

意外や驚きを意味する形容詞に続くthat節で使われる

このshouldは、意外や驚きを意味する形容詞に続くthat節(It is + 形容詞 + that節)で用いられます。

代表的な形容詞は、「strange」「surprising」「disappointing」「odd」「sad」「shocking」「natural」などです。

It is + 形容詞(strangeなど) + that + should=(~なんて!)
<例文>
It is shocking thatshe should say such a thing. 彼女がそんなことを言うなんてショックだ。
It is strange that he should ignore her. 彼が彼女を無視するなんておかしい。

TOEICの最重要単語を一気に覚えたい人におすすめの講座
でる単TOEIC(R)テスト これだけ!

TOEIC450~650点レベルの方のスコアアップに最も効く630語を、TOEICのエキスパート、小石裕子先生がパート別に厳選。

さらに、実際の企業研修で用いられる単語トレーニングを自宅で実現できる「でる単5ステップ」を開発、自分の弱点パートを短期間で攻略したい方におすすめです。

特長は、①各パートの頻出単語を効率よく覚えられる、②あの手この手で単語が刷り込まれる、③4カ国語(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアのネイティブスピーカー)の発音に慣れることができる、 ④文法用語や、語法問題の攻略法も学べます。

英文法
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

イラストで覚える英単語
error:Content is protected !!