policeなど、単数形で複数扱いの名詞




単数形の形だが複数として扱われる名詞(後ろにareやhaveなど)がいくつかあります。

有名なのは「police」です。policeの形は単数形ですが、扱いは複数となります。

〇 The police are after her.

警察は彼女を追っている。

× The police is after her.

もう1つ有名なのは「people」です。

〇  The people were scared.

人々は怖がっていた。

× The people was scared.

この「police」と「people」は常に(単数形の形で)複数形となる単語です。

ただし、 民族などを表す場合は「a people」「peoples」も使います。

また、それ以外の単語は以下です。あまり使用しないかもしれませんが、覚えていて損はないでしょう。

  • aristocracy(貴族)
  • clergy(聖職者)
  • military(軍隊)
  • peasantry(農民)
  • poultry(鳥、家禽)

「the+形容詞」も「~な人々」で常に複数

「the+形容詞」も「~な人々」という意味で、常に複数扱いです。

例:「The poor(貧乏な人々)」

The poor are happier than the rich.

貧乏人はかえって幸福だ。

×  The poor is happier than the rich.

例:「The rich(お金持ちな人々)

The rich are not always happy.

金持ちは必ずしも幸福ではない。

×  The rich is not always happy.

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク