PR

「insist that」の後ろはshouldになる?命令・要求・提案・決定の動詞は注意

命令・要求・提案・決定を意味する動詞のthat節は、should+動詞の原形になります。

これは、命令や要求などはまだ実現していないことのため、「仮定法現在」になるからです。

命令・要求・提案・決定の動詞 + that + should + 動詞の原形

shouldは省略されることが多いので、動詞の原形になると覚えると良いでしょう。

以下が例文です。

He insisted that she (should) come to the party. 彼は彼女がパーティーに来るよう強く主張した。

She suggested that we (should) stay in Japan for another week. 彼女はもう一週間日本に滞在するべきだと提案した。

English teacher recommended that she (should) study English harder. 英語の先生は彼女にもっと英語を勉強するように忠告した。

スポンサーリンク

that節にshould + 動詞の原形が来る動詞例

以下が、that節にshould + 動詞の原形が来る動詞の例です。

「命令系」

1.「command」

The teacher commanded that she (should) go out of the classroom.

先生は彼女に教室から出ていくように命じた

2.「order」

He ordered that they (should) release the prisoner.

彼は彼らに捕虜を釈放するように命じた。

3.「insist」

He insisted that she (should) come to the party.

彼は彼女がパーティーに来るよう強く主張した。

「要求系」

1.「request」

She requested that he (should) come an hour earlier.

彼女は彼に1時間早く来てくれるように頼んだ。

2.「demand」

He demanded that the company (should) make compensation for the loss.

彼は会社にその損害を補償するよう求めた。

「提案系」

1.「suggest」

She suggested that we (should) stay in Japan for another week.

彼女はもう一週間日本に滞在するべきだと提案した。

2.「propose」

She proposed that we (should) start at seven.

7時に出発しようと彼女は提案した。

3.「recommend」

English teacher recommended that she (should) study English harder.

英語の先生は彼女にもっと英語を勉強するように忠告した。

「決定系」

1.「determine」

She determined that nothing (should) be changed.

彼女は何も変えまいと決心した。

テスト

[WpProQuiz 3]

当サイトおすすめの英語教材
スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

TOEIC(R)テスト20回分相当の実戦形式問題・解説を収録したTOEIC対策講座です。

20回分の問題集を用意するのは費用的にもかなり大変ですので、コスパの高い講座と言えるでしょう。

スマホ・PCでTOEIC(R)対策すべてを完結できるので、机に向かって勉強するのが苦手な人や、勉強する時間がなかなかとれない人におすすめです。

全ての機能が7日間無料でお試し可能で、TOEIC対策コースを申し込むと「日常英会話コース」も使い放題です。

まずは無料で利用してみて、使い勝手を試してみるのがおすすめです。

英文法
スポンサーリンク



englishをフォローする
タイトルとURLをコピーしました