時を表す副詞節では、未来のことを現在形か現在完了形で表す




時を表す副詞節では、未来のことでも「現在形」か「現在完了形」で表します。つまり、動詞にwillをつけません

  • × If it will be fine tomorrow, I will visit her.
    ⇒○ If it is fine tomorrow, I will visit her.(もし明日晴れたら、彼女のもとを訪れよう。)
  • ×when you will finish doing homework,would you come to my house?
    ⇒〇when you have finished doing homework,  would you come to my house?(宿題を終えたら、家に来ませんか?)

時を表す接続詞は、when、if、till、unless、as soon asなどがあります。

「when」/「if」の「名詞節/形容詞節」は「未来形」になる

ただし、接続詞の「when」と「if」の「名詞節」と「形容詞節」は、「未来形」になります。つまり、動詞にwillがつきます。

  •  She will tell you when she will come to your house.(彼女はいつ家に来るか教えてくれるでしょう)
  •  I don’t know if it will rain tomorrow.(明日晴れるかどうかわからない)

名詞節と副詞節の見分け方は?

名詞節と副詞節の見分け方は、大きく2つあるようです。

1.「ないと文が不完全なのが名詞節」

「目的語」か「補語」の位置にあれば名詞節で、そうでなければ副詞節です。

簡単に言うと、名詞節はなくなると文が不完全になるものです。副詞節はなくても不完全にならないものです。

以下、文をなくして判別してみます。

例:

If it is fine tomorrow, I will visit her.(もし明日晴れたら、彼女のもとを訪れよう。)

→I will visit her. なくても文が成り立つので副詞節

I don’t know if it will rain tomorrow.(明日晴れるかどうかわからない)

→I don’t know. ないと文が成り立たない(knowの目的語が必要)ので名詞節

  • 名詞節⇒ないと文が不完全
  • 副詞節⇒なくても文が完全

2.「訳で見分ける」

訳で見分ける方法もあります。

名詞節の場合、ifは「~かどうか」、whenは「いつ~」と訳します。

副詞節の場合、ifは「もし~ならば」、whenは「~とき」と訳します。

名詞節 副詞節
if ~かどうか もし~ならば
when いつ~ ~とき

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク