「the + 形容詞」=「名詞」になる

the + 形容詞で名詞になります。

たとえば、「the poor」=「poor people(貧乏人)」という意味になります。

1.「~の人々(people)」という意味と、2.「~のもの/こと(thing)」という抽象的な意味の二つがあります。

以下、例をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.「~の人々(people)」

「the poor=貧乏人(=poor people)

She is a friend of the poor. 彼女は貧しい人の味方だ。

「the rich=金持ち(=rich people)」

The rich are apt to look down upon the poor. 金持ちは貧しい人々を見下すことが多い。

「the sick=病人(=sick people)」

He was busy attending to the sick.  彼は病人の世話で忙しかった。

「the old=老人(=old people)」

The young should help the old. 若者は老人を助けるべきだ。

「the young=若者  (=young people)」

The young should help the old. 若者は老人を助けるべきだ。

2.「~のもの/こと(thing)」

「the important=大切なもの(= important thing)」

「the unknown=未知なもの(= unknown thing)」

「the beautiful=素晴らしいこと(= beautiful thing)」

「the unexpected=予期せぬこと(= unexpected thing)」

英語学習におすすめのプラン
TOEIC対策の単語・熟語クイズサイト

TOEIC 600点~900点レベルの、4000単語と1200熟語を、4択クイズの形で学習可能!

単に単語リストを黙読したり、声に出して読むといったインプットの学習法よりも、クイズに答えるというアウトプットの学習法の方が、もっと効果的に記憶に定着させることができます。

スマホでも快適に学習できるため、ちょっとした空き時間も勉強時間に早変わりさせることができます。

また、TOEIC 600点~900点レベルの単語と熟語を掲載しているので、どんどんハイレベルな単語や熟語に挑戦できます。

費用は1日たったの15円程度です。

TOEIC(R)テスト完全攻略700点コース

「精聴・精読」「速聴・速読」のトレーニングを繰り返し、テストという限られた時間内に英語を確実に理解し、正解を導く力を身に付けます。

リスニングのパート3や4(会話とトーク)、リーディングのパート7(長文読解)について悩みを抱えている方は少なくありません。これを克服するために本コースで取り組むのが、「静聴・速聴」「精読・速読」です。この学習プロセスを通じて、英語を確実に捉える力を養っていきます。

各パートの攻略法や学習のヒントも教材全体に散りばめられています。4カ月後には限られた時間内にすばやく解答する力はもちろん、テストの解法テクニックも身につきます。

スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

リクルートが運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」の『TOEIC(R)対策コース』です。

スマホ・PCでTOEIC(R)対策すべてを完結できるので、机に向かうのが苦手な人、ついついスマホを見てしまう人にもおすすめです。最短1回3分からスキマ時間で本格TOEIC(R)対策を、楽しく無理なく気軽に続けられます。

内容は、中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策まで対応しています。初級者から900点以上を狙う上級者の人まで、幅広く利用できます。

KIRIHARA Online Academy|TOEIC・英検に特化したオンライン英会話

オンライン英会話業界初!TOEIC・英検対策に特化したオンライン英会話です!

カリキュラムの監修はカリスマTOEIC講師の早川幸治(Jay)先生が行い、英語の教材や教科書開発に50年以上の歴史を持つ、桐原書店が開発しています。

独学でTOEICや英検対策をしてもモチベーションが続かない人や、受験や進学のために、効率よく英検の級を上げる方法を探している人、昇進のためになんとしてもTOEICのスコアアップを達成したい人などにおすすめです。

英文法
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

イラストで覚える英単語