「the + 形容詞」=「名詞」になる

the + 形容詞で名詞になります。

たとえば、「the poor」=「poor people(貧乏人)」という意味になります。

1.「~の人々(people)」という意味と、2.「~のもの/こと(thing)」という抽象的な意味の二つがあります。

以下、例をいくつか紹介します。

1.「~の人々(people)」

「the poor=貧乏人(=poor people)

She is a friend of the poor. 彼女は貧しい人の味方だ。

「the rich=金持ち(=rich people)」

The rich are apt to look down upon the poor. 金持ちは貧しい人々を見下すことが多い。

「the sick=病人(=sick people)」

He was busy attending to the sick.  彼は病人の世話で忙しかった。

「the old=老人(=old people)」

The young should help the old. 若者は老人を助けるべきだ。

「the young=若者  (=young people)」

The young should help the old. 若者は老人を助けるべきだ。

2.「~のもの/こと(thing)」

「the important=大切なもの(= important thing)」

「the unknown=未知なもの(= unknown thing)」

「the beautiful=素晴らしいこと(= beautiful thing)」

「the unexpected=予期せぬこと(= unexpected thing)」

スポンサーリンク