分詞の形容詞用法は名詞を前と後ろから修飾する方法がある




分詞(ing、ed)の形容詞用法は、分詞が形容詞のように名詞を修飾する用法です。

例:an exciting story.

この場合、「exiting」という現在分詞が、「story」という名詞を修飾しています。

この名詞の修飾の仕方は、「前から修飾する」のと「後ろから修飾する」の2つあります。そして、これは現在分詞(-ing)も過去分詞(-ed)も同じです。

前から名詞を修飾する

分詞が「一語」の場合は、前から修飾します。

例:

an exciting game. 興奮する試合。

現在分詞の「exciting」は1語なので、前から名詞「game」を修飾しています。

a sleeping girl. 眠っている女の子

現在分詞の「sleeping」は1語なので、前から名詞「girl」を修飾しています。

a broken door. 壊れたドア

過去分詞の「broken」は1語なので、前から名詞「door」を修飾しています。

後ろから名詞を修飾する

分詞に他の語がつき、2語以上の場合は後ろから名詞を修飾します。

例:

an game exciting at Tokyo Dome. 東京ドームでの興奮する試合。

現在分詞の「exciting」に修飾語の「at Tokyo Dome」が加わっているため、2語以上になっています。そのため、名詞の「game」を後ろから修飾しています。

There is a girl sleeping in a bed. ベッドで寝ている少女がいます。

現在分詞の「sleeping」に修飾語の「in a bed」が加わっているため、2語以上になっています。そのため、名詞の「girl」を後ろから修飾しています。

This is the door broken by somebody. これは誰かに壊されたドアだ。

過去分詞の「broken」に修飾語の「by somebody」が加わっているため、2語以上になっています。そのため、名詞の「door」を後ろから修飾しています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

スポンサーリンク