「~の間」を意味する「for」「during」「while」「since」の違い




「for」「during」「while」「since」は、「~の間」という、時間の経過や継続を表す意味があります。

しかし、それぞれには違いがありますので、まとめて紹介します。

for during while since
特徴
  • 具体的な期間を表す数字が続く(何時間、何年など)。
  • その間はずっと継続している。
  • 特定の期間。
  • 所有格「my」「her」「his」、定冠詞「the」が続く。
  • 「holiday」「stay」「visit」「meal」など、期間を表す語や特定の名詞が続く。
  • 後に主語+動詞が来る。
  • 主語とbe動詞が省略されることがある。
  • 過去のある時点からの継続。
  • 完了形とともに用いられる。
用法 前置詞 前置詞 接続詞 接続詞/前置詞
She have lived here for ten years now. I talked to many people during my stay in tokyo. She called while I was out.
彼女は留守の間に来た。
Ten years has passed since then.それから10年経たった。

覚え方としては、以下のようにすると良いかもしれません。

  • forは何時間、何年と具体的な時間が続く
  • duringはmyやtheなどが続く/特定の期間
  • whileは後ろに主語+動詞
  • sinceは完了形で用いられる

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


英文法のトリセツ じっくり基礎編

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク