知覚動詞が受動態になると、後ろの動詞にtoが必要

知覚動詞というのは、人間の知覚や感覚を意味する動詞のことです。

見たり、聞いたり、感じたりする意味の動詞です。

代表的なものは以下です。

  • feel
  • hear
  • see
  • watch
  • catch
  • sight of
  • listen to

この知覚動詞ですが、5文型SVOCのときは目的格補語(C)の動詞が原形になることで知られています。

以下例で説明します。

スポンサーリンク

「知覚動詞の普通の文(能動態の文)例」

I saw him play basketball(私は彼がバスケットボールをするのを見た)

「to play」ではなく「play」と動詞の原形になるのですね。

〇  I saw him play basketball
× I saw him to play basketball

他の知覚動詞の例

〇  I heard him sing a song
×   I heard him to singa song

 

しかし、これが受動態(受け身)になると、動詞にtoが必要になります。

「知覚動詞の受け身の文(受動態の文)例」

He was seen to play basketball by me.(彼はバスケットボールをするのを私に見られた。)

「play」ではなく「to play」となり、「to」が必要になります。

〇 He was seen to play basketball by me.
× He was seen play basketball by me.

他の知覚動詞の例

〇 He was heard to singa song by me.
×  He was heard singa song by me.

「まとめ」

  • 知覚動詞は、普通の文(能動態の文)では、後ろに動詞の原形(原形不定詞)を用いる。
  • 知覚動詞は、受け身の文(受動態の文)では、後ろにto不定詞(to+動詞)を用いる。

テスト

正しい答えを選んでください。問題と答えは毎回ランダムに出ます。


英語学習におすすめのプラン
TOEIC(R)テスト完全攻略700点コース

「精聴・精読」「速聴・速読」のトレーニングを繰り返し、テストという限られた時間内に英語を確実に理解し、正解を導く力を身に付けます。

リスニングのパート3や4(会話とトーク)、リーディングのパート7(長文読解)について悩みを抱えている方は少なくありません。これを克服するために本コースで取り組むのが、「静聴・速聴」「精読・速読」です。この学習プロセスを通じて、英語を確実に捉える力を養っていきます。

各パートの攻略法や学習のヒントも教材全体に散りばめられています。4カ月後には限られた時間内にすばやく解答する力はもちろん、テストの解法テクニックも身につきます。

スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

リクルートが運営する英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」の『TOEIC(R)対策コース』です。

スマホ・PCでTOEIC(R)対策すべてを完結できるので、机に向かうのが苦手な人、ついついスマホを見てしまう人にもおすすめです。最短1回3分からスキマ時間で本格TOEIC(R)対策を、楽しく無理なく気軽に続けられます。

内容は、中学レベルの文法の見直しからハイスコア対策まで対応しています。初級者から900点以上を狙う上級者の人まで、幅広く利用できます。

スパトレ|ホテル宿泊型国内英語留学プラン

スーパーホテルにて、3泊4日または2泊3日滞在中、スパトレオンライン英会話サービスを利用して英語学習に集中して取り組めるプランです。

「本来海外に留学予定だったけれど、出来ないので自宅で勉強を続けている。でもどうしてもモチベーションが維持できない...」
「海外旅行が趣味で英語の勉強をしているが、次いつ海外へ行けるか未定。そのため、英語学習のやる気がでない...」
弊社では、多くの方よりこのような声を沢山伺うようになりました。
そこで、国内でも海外語学学校に留学するような疑似体験ができるホテル滞在型の国内英語留学を企画いたしました。

圧倒的に英語学習に集中できる環境、また、英語の学習以外にも本企画ご参加者様同士の交流が今後の学習モチベーション向上に寄与すると信じております。

英文法
スポンサーリンク

googleスポンサーリンクと関連コンテンツ

イラストで覚える英単語