would ratherの意味は「むしろ、どちらかといえば~したい」。仮定法の意味も




would rather」は、「(むしろ、どちらかといえば)~したい」です。

後ろは「(動詞の)原形」が来ます。

would rather 原形

I would rather go to Kyoto. 

私はむしろ京都に行きたい。




thanを使った例

B よりむしろ A」です。

would rather A than B

I would rather go to Kyoto than Tokyo. 

私は東京よりむしろ京都に行きたい。

否定形

否定形は、ratherの後に「not」を入れます。

would rather not 

I would rather not go to Kyoto.

私はむしろ京都に行きたくない。

短縮形

短縮形は「I’d rather」です。

I ’d rather

I’d rather go to Kyoto.

私はむしろ京都に行きたい。

仮定法

仮定法の「would rather」もあります。

「would rather + 主語+過去形」で、主語に(むしろ)~してもらいたい、~だといいのにです間接的で控えめな表現です。後ろが原形ではありません

would rather 主語 過去形

I would rather he went to Kyoto.

私はむしろ彼に京都に行ってもらいたい。


英文法のトリセツ じっくり基礎編

スポンサーリンク